Japanese:

について

「第9竜」という空手道協会は2009年11月9日にリエカにおいて設立された。本会は沖縄空手道昭平流・上地流を伝授する協会である。本会は2010年をもってクロアチア空手協会のメンバーである。本会の会員は空手術を紹介して向上するのに一生懸命頑張っている子供、または若い熱狂者である。本会員はほかの人々に活動的で挑戦的な自分本立の生き方に励ましている。


協会の目的

本会の目的、活動、または計画は数多くで本会の規約によって設定された。目的というのは沖縄の伝統または文化を広げること、前述の価値を現代の都市人に接近すること、会員の健康または生活水準を増進すること、体調を整えること、対人関係をより親切すること、自由時間を豊かにすること、会員の身体と精神を強化すること、積極的思考または他人に対する連帯を発展し、強化すること、空手において優秀なスポーツの創造性を改善すること、会員のスポーツの多面的な才能がある人を作ることなどである。


協会のビジョン

将来に沖縄空手道昭平流・上地流を伝授する人に沖縄の伝統的な技術、または精神的な価値を広げることである。


協会の活動

強い身体と考え方という原則によるバランスを保った個人の開発によって健康の文化を促進し、より大きい社会に貢献することである。その上、何の年齢でもすべての空手の役者を結び付けること、段級位を問うことなくすべての個人が習う同時に教えるという集合的な習得の過程を通して(誰の知識も宝物で、集団の発展に役に立つ)相互的な尊敬の環境を作成することである。


沖縄空手道の精神的な価値

身体的な訓練、または自衛の以外に、沖縄空手道の精神的な価値は役者の完全に欠けるところのない性格を作成することから起こる。あるいは、私達の日常生活に必要である集中の使用の開発と同様、道徳的な開発から起こる。平穏および精神の長くきつい訓練によって得られる良い判断の状態は私達が毎日直面する問題を解決することを可能にする。